開発文明造 赤茶碗 共箱
5ef41f75d3f1676a59e2f80b 5ef41f75d3f1676a59e2f80b 5ef41f75d3f1676a59e2f80b 5ef41f75d3f1676a59e2f80b 5ef41f75d3f1676a59e2f80b 5ef41f75d3f1676a59e2f80b 5ef41f75d3f1676a59e2f80b 5ef41f75d3f1676a59e2f80b 5ef41f75d3f1676a59e2f80b 5ef41f75d3f1676a59e2f80b 5ef41f75d3f1676a59e2f80b

開発文明造 赤茶碗 共箱

残り1点

¥22,000 税込

送料についてはこちら

口径:11.5㎝  高さ:8.2㎝ 開発文明は奇人といわれ、変人と見られながら、茶碗作り一筋に打ち込んで、楽焼に新分野を開拓し、数多くの秀作をものにした開発文七の嗣子として木米窯の春日山々麓に生まれ、後金沢美術工芸大学彫刻科に学び父の工房を継ぎました。 辰砂の発色の研究や独特の高台の工夫等変化の多い個性豊かな作柄は、従来の楽陶に新風を吹き込むものであり、識者間に高評を受けるものでした。 公募展には出品せず、専ら個展による創作活動に専念していたため、石川県以外の知名度はさほど高くありませんが、確かな技術とセンスに裏打ちされた作品は素晴らく、名品が多く残されております。