色絵薩摩原野月画茶碗
5eeae8b70d5e3843762e5e3d 5eeae8b70d5e3843762e5e3d 5eeae8b70d5e3843762e5e3d 5eeae8b70d5e3843762e5e3d 5eeae8b70d5e3843762e5e3d 5eeae8b70d5e3843762e5e3d 5eeae8b70d5e3843762e5e3d 5eeae8b70d5e3843762e5e3d

色絵薩摩原野月画茶碗

残り1点

¥50,000 税込

送料についてはこちら

口径:12.5㎝  高さ:7.7㎝ 色絵薩摩には絢爛豪華な色絵錦手がある一方、このお茶碗の様に日本画のようなデザインで人物や花鳥を描いたものも存在します。 このお茶碗の図柄は「宇治拾遺物語」などにもある藤原保昌と盗賊袴垂の説話を描いたものであると思われます。 10月朧月の夜に一人で笛を吹いて道を行く者があった。それを見つけた袴垂という盗賊の首領が衣装を奪おうとその者の後をつけたが、どうにも恐ろしく思い、手を出すことができなかった。その者こそが保昌で、保昌は逆に袴垂を自らの家に連れ込んで衣を与えたところ、袴垂は慌てて逃げ帰ったという。 9月~10月にかけて薄茶のお茶碗として使えば非常に面白い逸品ではないでしょうか?