瀬戸大海茶入 銘 春霞 即中斎箱
5ee9a11ed3f1673880dbf8bb 5ee9a11ed3f1673880dbf8bb 5ee9a11ed3f1673880dbf8bb 5ee9a11ed3f1673880dbf8bb 5ee9a11ed3f1673880dbf8bb 5ee9a11ed3f1673880dbf8bb 5ee9a11ed3f1673880dbf8bb 5ee9a11ed3f1673880dbf8bb 5ee9a11ed3f1673880dbf8bb 5ee9a11ed3f1673880dbf8bb

瀬戸大海茶入 銘 春霞 即中斎箱

残り1点

¥60,000 税込

送料についてはこちら

口径:5.8㎝  径:9.4㎝  高さ:4.6㎝ 大海とは、茶入の形態の一種です。「だいかい」ともいいます。 大海という名前は、茶入の口が大きいことに由来しています。 大ぶりで、口が広く、甑(頸部)が短い、肩が横平面に張ったやや扁平な平丸型の茶入です。 本来は茶席には用いず、茶臼でひいた抹茶を入れておく「挽溜」として水屋で使っていましたが、侘び茶の流行で、茶席で用いるようになったといいます。 この茶入は江戸後期から明治にかけて瀬戸で焼かれた大海で、口辺に数ヶ所共直しがございます。 表千家13世即中斎宗左が「春霞」と銘をつけ、お箱書きされています。