魚住法光造 砂張糸巻蓋置 共箱
5ed9d2365157625c44aa4de5 5ed9d2365157625c44aa4de5 5ed9d2365157625c44aa4de5 5ed9d2365157625c44aa4de5 5ed9d2365157625c44aa4de5 5ed9d2365157625c44aa4de5

魚住法光造 砂張糸巻蓋置 共箱

残り1点

¥13,000 税込

送料についてはこちら

径:6.6㎝  高さ:4.7㎝ 機織りの糸巻の形で雛祭りや七夕の時節に使われると喜ばれますが、お道具組によっては特に季節を問わずお使いいただける蓋置ではないでしょうか。 作は魚住法光で、人間国宝3代魚住為楽の弟にあたります。魚住為楽は銅鑼で重要右傾文化財保持者に認定されましたが、こと砂張を使った茶道具に関しては法光のセンスが光り、洒落た作品が多くございます。 魚住法光 1941年~2006年 本名幸雄。号法光。 昭和35年 石川県立工業高校卒業。 祖父・為楽(重要無形文化財保持者)により、兄安彦(3代為楽・重要無形文化財保持者)と共に砂張の技法を習得 昭和39年 第5回石川の伝統工芸展初入選以来入選 第10回展奨励賞受賞 以後5回受賞 第20回展北國新聞社長賞受賞 第25回展より招待出品 昭和40年 第12回日本伝統工芸展初入選以来入選 第17回展奨励用受賞 昭和44年 日本工芸会正会員認定 昭和47年 第2回日本金工新作展入選以来入選 第5回第14回展奨励賞受賞 第13回展北国賞受賞以後3回受賞 昭和52年 第2回石川工芸作家選抜美術展県教育委員会賞受賞 昭和54年 第35回金沢市創作工芸展金沢商工会頭賞受賞 第37回展最優秀賞受賞 第38回・42回展審査委員 第39回展以降無鑑査出品 平成4年4月 独立 号法光に改める 平成6年・平成11年 三越本店にて個展